OCR市場規模の予測

アイタスクのサービスは、企業の書類をPDFや画像のデータで管理するにあたり、OCR機能を使ってデータベース化しています。そこで、OCRがどのようなものか、またOCRの市場性についてご案内します。

OCRとは

手書きや印刷された文字を、イメージスキャナやデジタルカメラによって読みとり、コンピュータが利用できるデジタルの文字コードに変換する技術です。

紙に記載されたテキスト情報を使うために、パソコンで数字や文字を手入力すると多くの手間と時間がかかります。

上図のように、紙面の文字情報をテキストデータ化して使いたい場合には、紙面を読み取るスキャナーとOCR機能を備えたサービスが活用されています。

OCR市場の成長について

2018年度のOCR市場の売上金額は52億円、前年度比45.3%増と急成長

2018年度のOCR市場の売上金額は52億円前年度比45.3%増の急速な伸びを示しました。2019年度も同53.8%増とさらなる伸びを予測しています。OCRの歴史は長いものの、認識精度の低さから企業での導入は限定的でしたが、AI活用による認識精度の向上やデータの自動抽出機能の追加などにより、OCRが見直されていることが背景にあります。

出典:市場調査とコンサルティングのITR

AIによる認識精度向上に伴い導入が拡大し、2023年度には市場は160億円に達すると予測

加えて、RPAの導入を機に入力業務の省力化や、自動化の範囲の拡大を検討する企業が増えつつあり、これに伴いOCRの導入を検討する企業も増加傾向にあります。これらのことから、OCR市場は2023年度には160億円、CAGR(2018~2023年度)は25.5%の高い伸びを予測しています。

出典:市場調査とコンサルティングのITR

このように、OCRが使われる機会は年々増加傾向にあります。将来的に紙で保管したり、企業内で資料を紙で配布する手法は減少していくでしょう。

その代わりに、情報をパソコン・スマホ・タブレットなどのデジタル端末で閲覧したり、情報が必要なときにクラウド上からデータを引きだして共有する企業が増えています。

データ共有・セキュリティ重視の傾向はさらに強くなる

情報をテキストデータとして保存するということは、個人情報を含んだ情報も多く取り込むことになります。サーバーに情報が平文(ひらぶん)で入っていてはセキュリティー面での不安が残ります。

企業が保有するテキストデータが増えるほど、その情報管理をより安全に行う必要があります。このテキストデータを安全に管理するシステムとして、アイタスクによるクラウド管理サービスをぜひご活用ください。

>資料請求やお問合せ 24時間受付中!

資料請求やお問合せ 24時間受付中!

イスプリ・アイタスクに関するお問合せがございましたら、お問合せフォームからご遠慮なくお問合せください。担当部署からご連絡をさせて頂きます。

CTR IMG