【イスプリ情報局より】データ共有・クラウド管理・リモートワークのお役立ち情報をお届けします

在宅勤務の拡大により「VPN」の需要が急増

2020年4月27日の記事によれば、在宅勤務の増加に伴いVPNの環境構築が急務となっています。ルーターなど専用機器の需要が増加しており、企業のオンライン環境整備がさらに過熱していく傾向にあります。

多くの企業がテレワークを一気に拡大するなかで、ボトルネックが浮上している。通信を暗号化して情報漏洩を防ぐ「VPN(仮想私設網)」の逼迫だ。需要の急増で専用機器が確保しにくく、緊急事態宣言後は設置技術者も外出自粛を求められている。システム構築を担う企業からは「新規受注は受けられない」との悲鳴が上がり、導入までに数カ月を要するケースも出てきている。

日本経済新聞

VPNとはVirtual Private Networkの頭文字を取った用語であり、離れた場所の間を仮想的な専用線でつないで安全なデータ通信を実現する仕組みです。仮想プライベート・ネットワークとも言います。

VPNにはどんなメリットがある?

在宅勤務の増加により、社員の自宅から社内サーバーやシステムにアクセスする機会が増えています。そうなると企業にはより安全な通信環境が求められるようになります。特にVPNには、通信内容の盗み見などから守る暗号化機能や、セキュアなアクセス経路を確保するトンネリング機能などが搭載されており、安全な通信環境でデータ通信をおこなうことができます。

>資料請求やお問合せ 24時間受付中!

資料請求やお問合せ 24時間受付中!

イスプリ・アイタスクに関するお問合せがございましたら、お問合せフォームからご遠慮なくお問合せください。担当部署からご連絡をさせて頂きます。

CTR IMG