『メンバー操作権限』でアイタスクを利用するメンバー情報を管理する

アイタスクでは、サービスを利用するメンバーの「追加」が可能になっています。メンバーを追加するときに設定する項目の1つ「メンバー操作権限」についてご案内します。

『メンバー操作権限』で設定する内容

アイタスクでは、システムを利用するメンバーの登録情報を2つのレベルに分けています。1つはメンバーの「基本情報」、2つ目は「機密情報」です。

  • 基本情報・・・名前・メールアドレス・部門・役職など
  • 機密情報・・・自宅の住所/電話番号・生年月日・緊急連絡先など

これらの基本情報や機密情報は、必要に応じて任意で登録する項目です。

「メンバー操作権限」の設定によって、メンバーが他メンバーの情報をどのレベルまで閲覧できるか(編集できるか)の権限を設定することができます。

日常業務に必要な情報は「基本情報」として、プライベートな情報は「機密情報」として、次のような閲覧・操作権限を設定できます。

メンバー操作権限によって閲覧・編集できる情報の範囲

権限/取扱う情報基本情報機密情報
メンバー操作権限閲覧編集閲覧編集
権限なし
メンバー情報照会
メンバー機密情報照会
メンバー情報編集
「メンバー機密情報」に該当する入力項目はこちら

推奨設定

社内のメンバーは基本的に「情報照会」にしておくことを推奨します。自宅や緊急連絡先が入力されたときに、その情報を照会して良いメンバーのみ「機密情報照会」を設定します。

「メンバー情報編集」という最高権限レベルでは、すべてのメンバーの基本情報や機密情報を閲覧でき、かつ情報の修正もできます。本システムの利用に関する責任者や、個人情報管理の適任者へ付与することをお薦めします。

「権限なし」は、アイタスク内でデータは共有するものの、他メンバーの氏名や連絡先を知られないようにする場合に設定します。

>資料請求やお問合せ 24時間受付中!

資料請求やお問合せ 24時間受付中!

イスプリ・アイタスクに関するお問合せがございましたら、お問合せフォームからご遠慮なくお問合せください。担当部署からご連絡をさせて頂きます。

CTR IMG